天候に負けない身体作り

こんにちは!ヘッドスパサロンgreenの佐藤です!

梅雨に入り、ジメジメした毎日が続きますね。低気圧などで体調がすぐれない方も多いのではないでしょうか?

そんな低気圧での頭痛に関係しているのが、耳なんだそうです。意外にも耳だと言う事を知って驚きでした。そんな耳の中の内耳という器官と気象病は深い関わりがあります。内耳の血流が悪くなると気圧のセンサーや自律神経に悪影響を与えやすくなります。

内耳とは

 

 

 

内耳は、頭蓋骨(ずがいこつ、頭の骨)の中に入っています。内耳には、蝸牛と前庭と三半規管があります。それぞれ、水の入った袋の構造になっていて、中にリンパ液が入っています。

蝸牛は、鼓膜と耳小骨から伝えられた音波の振動を電気信号に変える働きがあります。三半規管は体の回転運動を感じる働きがあり、体のバランスをとる役目をしています。

蝸牛と三半規管の間に「前庭」という器官があり、体の直線運動を感じる働きをしています。

体のバランスをとる役目があるので、不調になるとやはり身体への影響は大きいですよね。

耳マッサージで不調を軽減

 

マッサージで耳まわりをほぐし内耳の血行を促すと水分代謝が上がり、自律神経のバランスを整える働きがあります。耳マッサージは、毎日、朝昼晩3回を目安に1カ月続けると、体質改善効果もあります。

その他、耳を温めるのも効果的です。ホットタオルや温かいペットボトルを耳に当てると急な痛みや不快な症状も和らぎます。

耳マッサージの方法

 

STEP1.左右の耳を軽くつまみ、上、下、横にそれぞれ5秒程度引っ張る。

STEP2. 耳を軽く横に引っ張りながら、後ろ方向に5回ゆっくり回す。次に両耳を包むように折り曲げて5秒間キープ。仕上げに手のひらで耳全体を覆い、後ろ方向に円を描くようなイメージで5回ゆっくり回す。

このように耳マッサージはとても簡単なので、隙間時間にでできそうですよね!まだまだ続く梅雨時期に打ち勝つ為に、耳マッサージも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

天気痛に負けない心得

 

気候の変動で体調にも変化があるのは、生きていく上で付き合っていかなければいけないですよね。

そんな時に、耳のマッサージ以外にも心得ておきたい事をまとめてみました。

•夜の入浴で湯船につかる
•就寝時間、起床時間を一定にする
•朝起きたら10分間の日光浴
•適度な運動を続ける
•不調を放置しない

始めやすい事からひとつずつ、この時期特有の気候病に打ち勝つ為にもご自身に合う不調との向き合い方を知り、毎日体を労ってあげましょう。

 

佐藤予約方法

公式LINEアカウントにご登録後、【お名前】【日時】【メニュー】を記入し送信ください。確認出来次第返信させて頂きます。

関連記事

  1. リビルディングで艶髪✨

  2. ペア施術のご予約は前日がお取りしやすいです!

  3. 6月【平日限定ラインご予約特典】【佐藤専用LINE】

  4. 読んだ事のある本が映画化されると嬉しいです📚…

  5. 発酵食品の魅力

  6. 素敵なお花🌼〜黄色の心理効果〜

アクセス

住所:神戸市中央区磯上通8-1-12大木ビル2F open: 10:00~21:00 (最終受付20:00)日曜:10:00~19:00 horiday: Monday+不定休 contact:                         instagram:  headspasalon_green                        line:         @green-headspa                facebook:   www.facebook.com/TakahiroTatsuta         メッセージなどはfacebook messenger からの御絡が確実です。お手数ですがよろしくお願いします。      

プロフィール

2017.9.1 神戸三宮にヘッドスパサロンgreenを立ち上げる。

毛髪・頭皮・身体・心まで「内面から美と健康をつくる」プライベートヘッドスパサロン。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。