BLOG

 

迫力のある鳴門の渦潮。何故渦を巻く?

こんにちは、神戸三宮ヘッドスパサロンgreenの立田です。

【ドライヘッドスパ】

【ヘッドスパ】

 

【立田専用メニュー】

【オプション】

【上の写真をクリック】《お名前》《日時》《メニュー》をご記入の上トーク画面より送信ください

 

迫力のある鳴門の渦潮をみてきました

 

鳴門の渦潮。名前には聞いていましたが、直接見たことがなかったので見に行ってみることにしました

淡路島から船でちょうど1時間の観光

 

こちらの船に乗って鳴門大橋の下まで向かいます

 

遠くに見えてきました

 

近くになるとかなり海流の速さがわかります

 

さらに近くにいくとぐるぐると渦が!!

船内のアナウンスに何故渦が巻くのかを説明していました。

渦が巻くのは干潮と満潮の差があるから

 

月の引力により《干潮と満潮》がありますが、満潮で海面の水位が上がると、この辺りの地形的に、潮の流れは大阪湾を通り明石海峡大橋の間を通り瀬戸内海へと順番に水位が上がるとのこと。

その水位の上昇が大阪湾▶明石海峡大橋▶淡路島の西側▶鳴門大橋の西側へと順番に水位が上昇するのですが、その水位上昇にかかる時間が約5時間。その間に最初の海流の入口である鳴門大橋の東側は【満潮から干潮へ】と変化していきます

 

そうなると鳴門大橋を境に西側が満潮(もしくは干潮)、東側が干潮(もしくは満潮)といった違いがおこり、その水位の差が約1.5mもあるとの事。

そうなると高いところから低いところに急激に水が流れて激しい海流となり、渦をまくという現象がおこるようです。

近くでみると、とても圧巻の光景。世界的にも珍しいこの渦潮。是非体験してみてください!!

 

この記事を書いたスタッフ

立田 喬裕


1982年生まれ。和歌山出身。美容学校卒業後、美容師・スパニストとしてヘアサロンに勤務。

2017年 神戸市にヘッドスパサロンgreenをオープン。
独自の理論から裏付けられる確かな技術と手法でたくさんの顧客から支持をうけている。ヘッドスパを通してココロとカラダを満たしながら、頭皮ケアを提供することに情熱を注いでいる。
サロンワーク外でも、ヘッドスパスクール、コンサルティングなど多岐にわたり活動している。

その他のおすすめ記事

ブログ

スマホを持ちすぎて手が疲れた方には関元専用メニューハンドスパはいかがでしょうか?

  Contents1 こんにちは、神戸三宮ヘッド …
ブログ

御影の四川でランチしてきました♪

  Contents1 こんにちは、神戸三宮ヘッド …
ブログ

月曜オープンは新鮮ですね♪そして絶対に負けられない戦いがそこにはある、、

こんにちは、神戸三宮ヘッドスパサロンgreenのタツタです。 …

Page Top